邪魔な泡を消すために使われる消泡剤とは?


泡ができると困ることも?

食器洗剤や洗濯洗剤、シャンプーなど汚れを落とすために泡を作る液体はいくつかありますが、逆に泡ができると困ることもあります。食品や化粧品の製造過程がそれで、豆腐を作るときは豆乳の泡を消すために植物油などを使っていますし、他にも胃腸内に溜まったガスを除去する作用を持った医薬品などもあります。泡ができるのは液体に界面活性作用を持つ物質が溶け込んでいるからで、その作用を軽減すれば泡を作らせない、もしくはできた泡を除去することができます。液体の温度や圧力を変化させることで物理的、機械的に泡を消すこともできますが、消泡剤を使う方法は経済的で、効率も良いために広く普及しています。

消泡剤の種類は何がある?

消泡剤はシリコーン系と有機系の2つに大別されます。シリコーン系消泡剤は即効性に優れ、水性、油性、どちらの溶液にも利用できます。有機系には界面活性剤、高級アルコール、ポリエーテルなどがありますが、こちらの利点は消泡作用の持続性にあります。シリコーン系にもいくつか種類があって、オイル型は水が混入すると困る油性の発泡液に使用されます。溶液型は作業性を高めるためにオイル型をあらかじめ溶液としたものです。オイルコンパウンド型はシリコーンオイルにシリカ粉を配合したもので、こちらは水性発泡液にも利用できます。エマルジョン型は汎用性が高く、様々な用途で使用できます。自己乳化型は冷水を混合することでエマルジョン状態になり、水性発泡液への消泡作用の持続性が優れています。

食品や化粧品の製造過程で表面に泡が発生すると製品としての品質が劣るので、消泡剤で泡の発生を防ぎます。