CADとは?導入するとどんなメリットがある?


コンピュータ内で設計ができるツール

CADとはコンピュータの中で設計を行うためのツールで、数多くの製品として市販されています。そして設計を行うという基本的な部分は共通していますが、製品ごとに異なる特徴を持っています。中には工業や土木など、特定の分野で使用することを想定したものもあります。

効率的な設計ができる

CADを使用した設計は、基本的に全てコンピュータの内部で完結させられます。そして直線や真円などのあらゆる図形を、特別な道具を使用することなくすぐに設計に加えることができます。また線を引き間違えるなどのミスをしてしまった場合でも、簡単に元に戻せます。そうした機能によって、効率的な設計が可能となります。その上CADでの設計は文字や線などに作る人の癖が出にくく、誰が使用しても安定した仕上がりになりやすいという強みもあります。

CADを使用しない場合は紙に製図をすることになりますが、その場合は縦と横の2次元が限界です。けれどCADだと3次元の設計も容易で、その設計をあらゆる角度から確認できます。さらに縦横の比率など、必要な計算は全てコンピュータに任せられます。そのため精度の高い設計が可能です。

完成した設計図の扱いが簡単

CADを使用して完成させた設計図は、データ形式なので取り扱いが簡単です。メールに添付したりクラウドを使用したりすると、遠く離れた相手にもすぐに渡すことができます。また設計図の数が多くなったとしても、データの容量が増えるだけで済みます。紙のように大量の資源を必要とすることがありません。さらにデータなので短時間でのコピーもでき、複数人で同じものを共有することも容易です。

水道CADは上下水道の配管の設計をパソコン上で行うものです。デジタル化により、設計業務がスピーディーにこなせます。