LEDは第4世代と呼ばれる光の活用方法や活躍の場


LEDは今までの照明と何が違うのか

部屋の雰囲気は家具の配置や間取りだけではなく、照明によってもかわります。照明は様々な場面に影響を与える存在なのです。LEDとはLight Emitting Diodeという英語を略しており、一方向に電圧を加えたときに発光する半導体の粒子のことをあらわしています。LEDは第4世代の光とも言われており第1世代はロウソク、第2世代は電球で第3世代は蛍光灯と照明はその時代を反映しているともいえるのです。LEDは電気を直接光にかえることが出来るため、エネルギーを交換する効率の良さが特徴です。また蛍光灯に使われている水銀のような有害物質は含まれておらず、環境にも優しい照明であることがわかります。

LED照明の特性は紫外線や赤外線などを含まないことです。このような光が入らないことで、文化的価値のある芸術作品の保護に役立っています。このような作品は照明による熱は熱害と呼ばれるほど大敵でしたが、LEDはこの熱害を含まないため適した光として使われているのです。

環境に優しいが初期費用もかかる

LEDは環境にも優しく活用方法も多岐に渡ることなどはわかりましたが、デメリットはないのか気になる人もいます。LEDは今までの照明とは違い長期に渡り使用出来たり、環境にも優しいことが知られています。一方で初期費用がかかるというデメリットもあるのです。しかし国や各自治体によって助成金や補助金を受け取る制度もあるため、調べてみたり実際にそのような制度の対象者であるのか、その他にも制度があるのかなど、問い合わせてみることは大切です。

LEDライトパネルは自作することもできます。自作する際に使う材料は作り方によって異なりますが、光を拡散しやすくるためにアルミホイルなどが用いられることが多いです。