不動産・住宅業界で注目のCADとは一体何か?


CADの特徴はデジタルな設計

CADはパソコンを使って図面や内部構造の複雑な設計を行うためのソフトウェアです。パソコンの利用を仕事で当たり前のように使う状況でCADは使用場面をあらゆる方向に広げています。特にソフトウェアCADは、コンピュータを使って通常は紙やペンで行う設計を電子的に行います。一方、物理的なCADは、物理的なものを使って設計を行います。例えば、家を建てるときには、通常、釘やネジなどの物理的な道具を使いますよね。しかし、ソフトウェアCADやリアルタイムコンピュータCADは、設計を実行するためによく使用されます。

CADの最大の特徴は、さまざまな業種で威力を発揮することです。住宅の設計図などでおなじみのCADは建築業界や不動産業界などでよく使われており、医療機器の設計や、建物や車の構造をモデル化するなど、さまざまな分野で活用されています。重要なのは、これらの異なるタイプの仕事のツールとして使用することで、非常に高いコストパフォーマンスと時間短縮による業務効率化を実現可能な点です。

2次元から3次元への変化

2次元だけにとどまらず、3次元的な立体図面をCADで作成するケースも増えており、建築会社では大いに役立っています。CADソフトで作成した3Dモデルを印刷して、模型作成などを行うのです。住宅業界にとっては、マンションの部屋の図面を描くのにもCADが使われています。都心では面積が非常に狭く、人々は家具などにお金をかけたがらないので、マンションの家具の小さな3Dモデルがよく見られます。

電気CADは、電気設備に関する図面設計を行うソフトです。複雑な設計も効率良く短時間で設計することが出来ます。